スポンサードリンク

開発手法

システム開発における開発手法のいくつかの種類のうち、開発プロセスの標準化やフレームワーク、振返り、アジャイル開発について解説します。ITシステムの開発には、開発を進めるための方法論や手法、ノウハウがたくさん存在します。開発手法を採用することで、ITシステム開発のコスト削減、納期短縮、品質向上につなげるのです。

  • 標準化の重要性
    システム開発には開発標準と呼ばれるルールブックが存在し、それに則って開発が進んで行きます。開発標準が不出来なものだと開発メンバーへの混乱を招くことになります。


  • フレームワークの活用
    フレームワークを活用すれば、システム開発を効率よく進めることが出来ます。ソフトウェアの開発効率を向上させる有効な手段です。


  • 振返りとPDCAサイクル
    カイゼンというトヨタ発の言葉はどの業界でも知れ渡っていますが、PDCAサイクルをいかに効果的に回していくのかがカイゼンの鍵です。そのためにも振返りを実施し、問題を修正していきましょう。


  • アジャイル開発
    システム開発にはアジャイルと呼ばれる手法が存在します。ウォーターフォールがもはや古い手法のようにすら聞こえてしまいますが、アジャイル開発の本質を理解した上で適用することが重要です。

スポンサードリンク