スポンサードリンク

社内SEを目指す

ITベンダー企業に比べて残業時間が少なく、業界によっては高収入も期待できる社内SEが非常に人気のある求人となっています。システムエンジニアのなかでも社内SEと呼ばれるエンジニアの仕事内容、転職計画、年収について解説します。

  • 社内SEの仕事
    事業を支えるIT部門や、システム子会社で働く社内SEは、最近になってかなり人気の職種となってきました。社内SEもIT技術者と同様に、いくつかの職種に分類することができます。

 

  • 社内SEへの転職計画
    転職にも計画が必要です。いつ、どのタイミングで辞めるためにはどの時期に転職活動を始めればよいのか、どのようにして求人を絞り込んでいけばよいのかを整理しましょう。

 

  • ルールと価値基準の違い
    会社が違うということは、会社の歴史が違い、社員の考え方が違います。同じ業界での転職であっても、会社の立ち位置や業績が異なるだけで、まったく別の会社生活を送ることを理解する必要があります。

 

  • ユーザー系、ベンダー系SEの比較
    社内SEといっても、ユーザー企業の情報システム部門や子会社に属するユーザー系と、ITを事業とする企業のベンダー系に大きく分けられます。

 

  • 転職サービス比較
    世の中にたくさんある転職サービスの特徴を考察します。自分の志向に合ったサービスを選択することが重要です。

スポンサードリンク