スポンサードリンク

プロジェクト管理とは?

プロジェクト管理は、システム開発における重要な仕事です。品質、コスト、納期を遵守するため、日々の開発進捗を把握し、チームメンバーや顧客との調整を行います。

プロジェクト管理の仕事

プロジェクトには、スケジュールやコストを決定する責任者であるプロジェクト・マネージャが存在します。プロジェクト・マネージャに期待される業務は重責で、プロジェクトの成功にはプロジェクト・マネージャの手腕に大きく関係します。プロジェクト・マネージャの代表的な業務を次に挙げます。

  • 顧客とのスケジュール交渉
  • 顧客との開発コストの交渉
  • 開発するシステムの品質保証
  • 開発するシステムの要件定義

上記のいずれもQCDに大きく関係する内容です。プロジェクト・マネージャは、システム開発の開発チームの最高責任者であり、開発の品質、価格、納期を決定し、保障する責務を負います。例えば納期に遅れてしまった場合、顧客企業からはペナルティが課せられ、開発側の企業がその代償を払うことになります。開発プロジェクトの成果がプロジェクト・マネージャの業績として扱われるのです。したがって、プロジェクトが無事成功した場合も、プロジェクト・マネージャがもっとも評価されます。これは、ピラミッド型の組織構造と同じような仕組みです。

プロジェクト・マネージャに必要なスキル

責任が重大であるため、プロジェクト・マネージャに必要な素質も相当のものです。特に重要な5つのスキルについて説明します。


  • スケジュール管理能力
    スケジュール管理能力は、時間の管理能力と言い換えても良いスキルです。システムの開発規模を詳細化し、それぞれの開発規模から必要な日数を見積もります。その見積もりを元に、スケジュールを計画します。
  • コスト感覚
    最優先のタスクを完了させるために、大量の人員を割いたり優秀な人員を配置させるなど、対策を立てられる能力が求められます。スケジュールに遅延が生じた場合は、どのようにしてリカバーするのかを決定します。

スポンサードリンク


  • リスク(責任分解)感覚
    リスク(責任分解)感覚は、システムに要求された仕様に対するリスク感覚を指します。例えば、ある機能の仕様がその時点では不明な状況で、その機能の性能を保証することは不可能です。しかし、システム開発を受注したいがために顧客企業にYESの返事をしてしまうことが非常に多いのです。不可能なものを不可能と言えるかどうか、不可能を実現するための提案、実現できなかった場合の対策(リスクヘッジ)を考えなければなりません。プロジェクト・マネージャは、システム開発に潜在しているリスクを減らし、失敗しないように舵をとる役割です。

 

  • チーム・マネジメント能力
    チーム・マネジメント能力は、プロジェクト・マネージャに限った能力ではなく、チームをまとめるために必要な能力です。特にプロジェクト・マネージャは、大規模な数百人のチームのトップに立つ場合も珍しくなく、管理下の担当者を従えるための人心把握が必要です。プロジェクトは信頼関係の上に成り立つといっても過言ではなく、ときには厳しい要求をメンバーに依頼することも避けられません。

 

  • 交渉力
    交渉力は、顧客との調整能力を指します。顧客は無理難題を要求するもので、実現するための方法や、実現不可能な理由、実現するために必要なコストと時間の根拠などを論理的に説明しなければなりません。顧客との交渉は経営判断の場であることが多く、重責に耐えられる精神力もまた求められます。

スポンサードリンク