スポンサードリンク

プロジェクトマネージャの仕事

プロジェクト全体を指揮するプロジェクトマネージャは、大きな責任を担う仕事ですが、それに見合うだけの報酬を得られます。見えないリスクにどう対応していくのかが非常に重要になります。

プロジェクトマネージャとリスクコントロール

プロジェクト管理については、プロジェクト管理とは何かで述べた通りです。プロジェクト・マネージャ(以下、PM)は、プロジェクトを管理することが仕事です。プロジェクト管理の大半はリスク管理です。PMが意思決定する場合の発想は全て、リスクの排除にあります。 PMの仕事の中でもここでは特に、スケジュール管理、コスト管理、品質管理に分けて解説します。

スケジュール管理

プロジェクトには必ず納期が存在します。プロジェクトメンバーはこの納期にシステムを完成させ、納品することを目標に仕事を進めます。PMは、この納期に間に合わせるためのスケジュールの決定を行う必要があります。 スケジュールは開発するシステムの規模、作業メンバーの人数、その他のリスクを踏まえて決めることになります。システムの規模が小さくても、作業メンバーが少なければ長期的なスケジュールを引く必要があります。短納期での開発を強いられるのであれば、人員を大量に投入することも考えなければなりません。大企業であれば、人員を比較的簡単に確保することができるが、ほとんどの中小企業においては、ある程度の人員しか確保できないのが現状です。 PMは、納期やシステム規模が決定していない曖昧な条件(=リスク)を徹底的に排除することも必要です。これらのリスクを早めに排除することができれば、より戦略的な意思決定を行うことができます。早急な事態を乗り越えるための手腕は確かに重宝されますが、緊急事態に至らせないためのリスク管理は極めて重要なのです。

スケジュール管理では、各開発フェーズの始まりと終わりの時期を決定します。さらに、それらの納期に間に合わなかった場合の対応策も用意します。プログラムの実装や、各機能の設計に対する作業納期まで細かく管理するPMはあまりいません。なぜなら、そこまで開発現場に深く関わってしまうと、PMが成すべき役割が疎かになってしまう恐れがあるからで、作業の細かいスケジュール管理は現場のリーダーに任せる場合がほとんどです。現場の細かい進捗に PMが口を出すようなときを、プロジェクト危機の始まりと考える場合もあります。すなわち、現場のメンバーをPMが信用できなくなった状態です。


コスト管理

スポンサードリンク


コストとは、プロジェクト遂行に必要な全ての費用を指します。開発を遂行するためには、PMやプログラマなどの作業者、開発するためのパソコン、ソフトウェアなどが必要であり、いずれも費用が発生します。パソコンやソフトウェアなどはある程度固定されたコストですが、人件費に限っては、非常に流動的なコストと言えます。PMは特に、人件費についての管理が重要になります。 プロジェクトで必要な費用は、プロジェクトの開始時に見積もりますが、それはあくまで予測でしかないわけです。未来のことを高い精度で予測しているだけで、予測が完璧に当たることはないのです。例えば、開発するシステムの仕様変更によって、作業時間が増える場合がよくあります。

これは当初の想定していた仕様とは異なるため、当初の作業時間よりも多くの時間が必要となるためです。なお、仕様変更などのリスクに対しては、契約の時点で仕様変更に関する対応規則が定められる場合が一般的です。 こういった、リスクが排除されていない場合でのコストについて、対応が必要になります。例えば、結合テストフェーズでバグが大量に発生し、単体テストをやり直す事態が起きたとしましょう。これに対応するためには、スケジュールに遅延を起こさないように大量の人員や時間を使います。つまり、多くのコストを費やして、スケジュールを取り戻そうとする方法です。このような状況も想定してコストは設定されますが、想定を大幅に上回ることもあります。いわゆる、赤字です。赤字の状態を乗り越えるための方法はそう多く存在するものではなく、顧客に対する信用(納期確保)を最優先にし、コストの投入を継続していく場合が多いでしょう。他に、ムダな作業を排除するなどの効率化を推進する場合もありますが、作業の効率化こそが最も難しい課題と言えます。

プロジェクトマネージャのキャリア形成

PMは、プログラム言語などの技術的な知識が必ずしも必要、というわけではありません。もちろん実装経験があることは貴重ですが、プログラムの実装とシステム開発の管理業務は異なります。一方、システムの設計やテストなどは、システムの規模やコストを見積もるために役に立つ知識です。PMになるためには、まずはプロジェクトの各サブシステムの開発リーダー(プロジェクトリーダー)などを経験し、スキルアップを行います。新卒で入社して、すぐにPMが務まるかというと、それは無理な話でしょう。PMに必要なシステム開発の管理能力を身に付け、さらに、大規模なチームをまとめあげるためのチームマネジメント能力を習得する必要があります。

プロジェクトマネージャの収入

PMはシステム開発の責任者であり、開発チーム全体をまとめあげる役割を果たします。PMなしでは開発全体が進まず、代替の利かないポジションです。それゆえ、PMの収入はシステムエンジニアやプログラマと比較すると、非常に多いです。システムの規模にもよりますが、1000万円を超える年収はザラにあります。しかしながら、その重責によるプレッシャーも相当にあり、精神的なタフさなどのストレス耐性も必要です。また、開発が破綻した状態になると、ほぼ24時間体制での状況判断が必要になるため、体力、精神力ともに欠かすことができない能力と言えます。

スポンサードリンク